和歌と俳句

桔梗 ききょう きちこう

桔梗や雨またかへす峠口 蛇笏

昔麻布大山道の桔梗かな 喜舟

高原や桔梗ゆゝしき濃紫 淡路女

桔梗に知るよしもなき微笑かな かな女

みちのくの雨そそぎゐる桔梗かな 秋櫻子

こち向いてぽかりぽかりと桔梗かな 青邨

きちこうのむらさき冴ゆるそばえかな 草城

あけすけに花ぞこ見する桔梗かな 淡路女

桔梗の朝の紫さざえと 草城

食卓に早も桔梗や遠花火 汀女

白秋
垣くぐる 尾長の猫の 子を連れて ほそり目に立つ 桔梗の花

桔梗や湖上に雨は降りいでぬ 

桔梗の花の中よりくもの絲 素十

桔梗の露きびきびとありにけり 茅舎

朝月はすずしいいろの桔梗がひらく 山頭火

桔梗にけふのひかげの来て触れぬ 草城

桔梗をひたしあさかげあふれたる 草城

日のかげりそめしおもほゆ桔梗かな 万太郎

たぎつ瀬の音高けれど桔梗かな 万太郎

かたまりて咲きて桔梗の淋しさよ 万太郎

莟より花の桔梗はさびしけれ 鷹女

桔梗をやゝめづる人なり忌の人は かな女

大江山降り出す雨に桔梗濃し 青邨

桔梗に稲妻うすきほむらかな 茅舎

桔梗や褥干すまの日南ぼこ 不器男

乳の如き白き池あり山桔梗 たかし