和歌と俳句

閑古鳥 かっこう

渡らんとして谷に橋なし閑古鳥 漱石

閑古鳥の藤の話もとりどりに 碧梧桐

噴火後の温泉に住む家や閑古鳥 碧梧桐

浮石の不思議もあるや閑古鳥 碧梧桐

郭公は鳴き瑠璃鳥は鳴かぬなり 虚子

近き木に来て郭公の三声ほど 虚子

弘法や尚山深く閑古鳥 虚子

雨の中を飛んで谷越す閑古鳥 鬼城

友の死に集へる樵や閑古鳥 蛇笏

赤彦
遠き村の火事の火見ゆる山のなか郭公鳥は夜を鳴きて居り

赤彦
岡の家に妻と起きゐて知りにけり郭公鳥の夜鳴くことを

赤彦
白雲の下りゐ沈める谿あひの向うに寂しかつこうの声

牧水
霧の海とよみこもれる底にありて移りつつ啼く郭公聞ゆ

郭公やどこまで行かば人に逢はむ 亞浪

くわくこうのゆくてゆくてにうつりなく 石鼎

赤彦
二つゐて郭公どりの啼く聞けば谺のごとしかはるがはるに

牧水
浅間山にそれともわかぬ煙見えてかすかなるかも郭公の声は

郭公や韃靼の日の没るなべに 誓子

牧水
うち仰ぐ 岩山の峰に 朝日さし 起りたるかも 郭公の声

憲吉
わが行ける阿蘇の夏野の郭公はとほき谷間になほ鳴きのこる

郭公に耳かす齋や山の坊 蛇笏

山里や植田しづかに閑古鳥 青邨

マツチ擦れば焔うるはし閑古鳥 水巴

別るるや炭火なほ燃え閑古鳥 水巴

門入れば直ぐ閑古鳥居る木あり 普羅

郭公の枝踏みかふる尾の見えし 石鼎

隠沼は椴に亡びぬ閑古鳥 不器男

とほく郭公のなき何かこひしい 山頭火

とほく朝の郭公がなく待つものがある 山頭火

郭公やねむりのあさき旅の夜を 誓子

郭公はしきりにつゝじまだ燃えず 

奥嶺より郭公啼きて反古供養 蛇笏

病人を負うて一里や閑古鳥 汀女

身のまはり日の溢るとき閑古鳥 草田男

飼屋妻郭公啼いてねむげなる 亞浪

郭公やあまりに近くきけば立つ 

郭公や梅雨ぞらのまゝ暮れてゆく 

庭にきく郭公海へやるたより 

浅間見えねばひたに聞き澄む遠郭公 亞浪

郭公やちゃんちゃんこ手に子探しに 草田男

郭公が芦原をわたる声きこゆ 秋櫻子

郭公や野に疲れたる夕間暮 秋櫻子

甘藍の玉つきそめて郭公啼く 蛇笏

郭公の啼きしと思ふ栗生の山 普羅