和歌と俳句

高浜虚子

前のページ< >次のページ

馬の尾の静に動く栗の花

いつまでも繋げる馬や栗の花

蜘蛛の絲がんぴの花をしぼりたる

今年は自序の正しき梅雨の入り

笠のはし水につけつけ早苗とる

早苗とる水うらうらと笠のうち

大蛾来て動乱したる灯虫かな

瀧水に現れそめしかな

螢追ふ子順々に小さきかな

うき草の生ひしところに波見ゆる

夕影は流るる藻にも濃かりけり

の籠提げて釣橋走り來る

赤ん坊の泣いてをるのにたかる

葉を抱くの脚のみ見えてをり

草抜けばよるべなきのさしにけり

飛騨の生れ名はとうといふほととぎす

刈草を鎌出支へて門に入る

干草の山が静まるかくれんぼ

羽抜鳥身を細うしてかけりけり

火の山の裾に夏帽振る別れ

簀戸はめて柱も細き思ひかな

戦場ヶ原の真中に籐椅子置く

このよしをひろ子に告げよ業平忌

竜巻に添うて虹立つ室戸崎

日蔽下少しの風も無かりけり

内赤く外高ネる日傘かな

赤なしの柿右衛門なるの皿

ペルシアン・ブリューの鮓の皿もあり