和歌と俳句

紅葉

鬼城
紅葉してしばし日の照る谷間かな

白秋
煙立つ 紅葉の峡に しろがねの 入江ひらけて 舟はしるなり

蛇笏
山門に赫と日浮ぶ紅葉かな

泊雲
日に焦げて上葉ばかりの紅葉かな

石鼎
岩畳をながるゝ水に紅葉かな

石鼎
瑠璃鳥の瑠璃隠れたる紅葉かな

かな女
芝踏むやそこに紅葉燃え立ちぬ

泊雲
黄葉一樹輝きたてり紅葉山

喜舟
毛氈を敷けば雨降る紅葉かな

青畝山裾に寺をかためて紅葉かな

石鼎
黄なる葉の日含みやすき紅葉かな

放哉
紅葉あかるく手紙よむによし

憲吉
高雄山にわが来てさむき片しぐれ唐傘買ひて紅葉のしたを

憲吉
入りつ日はつひに染めつつ一めんに谷の紅葉に燃え付きにけり

憲吉
夕づきて川べにたかき栂の尾寺黄葉の谷に靄かかりたる

憲吉
こころさへ夕べはむなし栂の尾の黄葉の谷に牛の鳴くこゑ

憲吉
人はみな去ねよとゆふべ鐘鳴りて黄葉のたにに煙ののぼる

蛇笏
ちるほどに谷あひ曇る紅葉かな

淡路女
滝川の淵しづかなる紅葉かな

爽雨
埋め樋の音にこそたどれ紅葉山

爽雨
はらからを案内の尼や紅葉山

たかし
大木にしてみんなみに片紅葉

風生
一ひらの濃ゆき紅葉を手向かな

風生
渡り来し橋を真下や紅葉茶屋

青邨
甘橿の丘の雑木のもみぢかな

草城
くたぶれて紅葉を仰ぐゆふまぐれ