和歌と俳句

橋本多佳子

秋燕にしなのの祭湖荒れて

木の実落つわかれの言葉短くも

早稲の香のしむばかりなる旅の袖

増面に八日の月の落ちかかる

角あはす雄鹿かなしき道の端

木犀の香や縫ひつぎて七夜なる

後の月縫ひ上げし衣かたはらに

砂をゆく歩々の深さよ天の川

濤ひびく障子の中の秋夜かな

天の川今滝なせり産声を

草の穂を走るいなづま字を習ふ

鰯雲旅を忘れしにはあらず

曼珠沙華塔得し道の楽しさに

秋風や耳朶を熱くしひとの前

曼珠沙華海なき国をいでず住む

曼珠沙華さめたる夢に真紅なり

白露や穂草茫茫ちかよれず

着きてすぐわかれの言葉の夜

門司と読み海霧巻ける街に出る

夜の霧に部屋得て窓に港の燈

宿ありて夜霧博多の町帰る

船まつや不知火の海とび

旅の髪洗ふや夜霧町をこめ

荒園の又美しやいわし雲

柚を垂らす秋刀魚筑紫の旅了る