和歌と俳句

時鳥 ほととぎす

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11

ほととぎす盛りの寺の沙彌ふたり 夜半

牛込や八幡いくつ時鳥 喜舟

み仏と蔀一重や時鳥 喜舟

時鳥鳴くや魂持つ山の樹々 喜舟

文車に源氏の嵩や時鳥 喜舟

飛騨の生れ名はとうといふほととぎす 虚子

ほととぎすしきりに啼くやほととぎす 山頭火

家をさがすや山ほととぎす 山頭火

山ほととぎすいつしか明けた 山頭火

傍に寄りし仔馬やほとゝぎす かな女

これからまた峠路となるほととぎす 山頭火

ほととぎすあすはあの山こえてゆかう 山頭火

水音をふんで下ればほととぎす 山頭火

山ほととぎす解けないものがある 山頭火

茂吉
ひとりして比叡の山をわれ歩みあかつき闇に啼くほととぎす

茂吉
白雲はひくくこごれば暁の光さしつつ啼くほととぎす

茂吉
白雲はあかつきがたにしづまりて高杉のうへに啼く時鳥

茂吉
横川路をくだりて来れど昼たけて山ほととぎすこゑもせなくに

山門や夕時鳥しのび音に 石鼎

杉の中分教場やほとゝぎす 青邨

女湯はいつもさびしやほととぎす 青邨

ひろき嶺天ゆなだれたり時鳥 秋櫻子

ほととぎす二児の父なる暁を啼く 草田男

ほととぎす二児の枕の房ひそか 草田男

門入りて嶮しき山やほととぎす 静塔

ほととぎす山の節会の燈も稀に 亞浪

谺して山ほととぎすほしいまま 久女

谿水を担ひ登ればほととぎす 久女

よぢ登る上宮道のほととぎす 久女

ふと醒めて初ほととぎす二三声 久女

ほととぎす山家も薔薇の垣を結ふ 茅舎

その昔代々木の月のほととぎす 亞浪

ほととぎすふるさとの夜の夢浅く 亞浪

浅間田の月夜を騒ぐほととぎす 普羅

午すぎて旅に在りけりほととぎす 波郷

鱒の子のすでに紅らむほととぎす 波郷

びしょぬれの豌豆摘むやほととぎす 波郷

ほととぎす鳴きすぐ宿の軒端かな 虚子

青き霧まぶたにすがし時鳥 秋櫻子

ほととぎす窓しらみしとおもふより 秋櫻子

菜畑を拓くや庭にほととぎす 秋櫻子

ひたひたと犬が走れりほととぎす 楸邨

表札のどしやぶりの雨ほととぎす 楸邨

相模灘しづまる闇に時鳥 石鼎

ほととぎす暁の闇紺青に 多佳子

ほととぎす新墾に火を走らする 多佳子

橋に添ひ温泉の樋かかれりほととぎす たかし