和歌と俳句

時鳥 ほととぎす

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11

良経
五月雨をいとふとなしに郭公人にまたれて月をまちける

俊成
しのび妻待つにぞ似たるほととぎす語らふこゑは馴れぬものゆゑ

俊成
ほととぎす皐月の空に契りおきて人の心をそらになすらむ

俊成
夏の夜の長くもあらばほととぎす今ひとこゑも待たましものを

定家
けふこずは三輪の檜原のほととぎすゆくての声をたれかきかまし

定家
郭公しのぶのさとにさとなれよまだ卯の花のさつきまつころ

定家
山のはのあさけの雲にほととぎすまだ里なれぬ去年のふるこゑ

定家
よそにのみききかなやまむ郭公たかまの山の雲のをちかた

定家
ほととぎす聲あらはるる衣手の杜のしづくを涙にやかる

実朝
夏衣たつたの山のほととぎすいつしかなかむこゑをきかばや

実朝
葛城や高間の山のほととぎす雲ゐのよそに鳴わたるなり

実朝
五月雨を幣に手向けてみ熊野の山ほととぎす鳴きとよむなり

実朝
五月闇かみなびやまのほととぎす妻恋ひすらし鳴く音かなしも

定家
ほととぎすたれしのぶとか大荒木のふりにし里を今も訪ふらむ

定家
まだ知らぬ岡邊のやどのほととぎすよその初音に聞きかなやまむ

定家
宮城野のこのしたつゆに時鳥ぬれてやきつる涙かるとて

定家
なれをだに待つこともなし時鳥われ世の中と音のみ憂へて

定家
こととはむ聲もをしまぬほととぎす何か浮田の杜の夜毎に

定家
ほととぎすおのがときはのもりのかげおなじさ月のこゑもかはらず

定家
たれしかもはつねきくらむ時鳥またぬ山路にこころつくさで

定家
時鳥おのが五月をつれもなくなほこゑをしむとしもありけり

定家
山かづらあけ行く空にほととぎすいづる初音も峯わかるなり

定家
あぢきなき遠方人のほととぎすそれともわかぬ野邊の夕ぐれ

定家
袖の香の花にやどかれほととぎす今もこひしき昔とおもはば

新勅撰集 よみ人しらず
すむさとは しのぶのもりの ほととぎす このしたごゑぞ しるべなりける

新勅撰集 田原天皇御製
かみなびの いはせのもりの ほととぎす ならしのをかに いつかきなかむ

新勅撰集 祐子内親王家紀伊
ききてしも 猶ぞまたるる ほととぎす なくひとこゑに あかぬこころは

新勅撰集 法性寺入道前関白太政大臣忠通
よしさらば なかでもやみね ほととぎす きかずはひとも わするばかりに

新勅撰集 家隆
ほととぎす こぞやどかりし ふるさとの はなたちばなに 皐月わするな

定家
昨日こそ霞立ちしかほととぎすまたうちはぶく去年のふる聲

定家
この里はまちもまたずもほととぎす山飛びこゆる便りすぐすな