和歌と俳句

時鳥 ほととぎす

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11

ほととぎす髪をみどりに子の睡り 多佳子

ほととぎす一時雨せし笹径 林火

ほととぎす焚火のまなかくづれけり 林火

茂吉
あさき峡とふかき峡とのまじはれる猿羽根の山に飛ぶほととぎす

汽罐車の胴体濡れてほととぎす 楸邨

妻が来し日の夜はかなしほととぎす 波郷

ほととぎす問ひ問ふ「こころ荒れたか」と 草田男

ひと聴きて吾きかざりしほととぎす 多佳子

ほととぎす新しき息継ぎにけり 多佳子

ほととぎす日もすがら啼きどよもせり 虚子

牡丹の便りも無くてほととぎす 石鼎

旋網を下ろす篝やほととぎす 石鼎

沓掛へ汽車は疾駆すほととぎす 楸邨

ほととぎすかならず来鳴く午後三時 虚子

一渓を抉りし天斧ほととぎす 風生

ほととぎす秀衡椀の名をとどむ 秋櫻子

山寺に我老僧かほととぎす 虚子

牧へゆく馬にしたがふほととぎす 秋櫻子

六根に巒気の沁みるほととぎす 風生

ほととぎす鳴くや仕合せ不仕合せ 虚子

日の大樹目ざめの高みほととぎす 草田男

ほととぎす牡丹の数を口早に 草田男

ひた翔くるこゑほととぎす鳴いて過ぐ 多佳子

ほととぎす叫びをおのが在処とす 多佳子

ほととぎす金色発す夕富士に 汀女

雨冷えの膝正しをりほととぎす 悌二郎

御師古りて瑞の藁屋根ほととぎす 不死男

霧去りて朴残花なしほととぎす 爽雨

ほととぎす牧渓遠寺晩鐘図 悌二郎

遠景にて濤たちあがるほととぎす 楸邨

ほととぎす未明の杉生匂ひ立ち 悌二郎

ほのぼのと英彦の夜畦や時鳥 青畝

ほととぎす鳴き絶えし方姥子の湯 爽雨

尊氏を憎しみ雨の時鳥 青畝

ほととぎす来鳴くや黙す座禅石 秋櫻子

村人に微笑佛ありほととぎす 不死男

或る顔を鳴き捨て行くや時鳥 耕衣

妙見岳雲きそひ騰り時鳥 秋櫻子