山口青邨

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

白き花こぼるゝ縁の端居かな

一枚の椎の葉落ちて流れけり

みちのくは籬の檜葉を蚊遣草

杉の中分教場やほとゝぎす

甘草を折つて帰れる裏戸かな

雑閙のお閻魔さまへ汗かきに

祖母山も傾山も夕立かな

わが馬の駆けれど夕立来りけり

夕立来着せかけ呉れし杣の蓑

はひまとふ葛にはげしき夕立かな

葛の葉を敷いてたのしや夕立小屋

裸の子芭蕉林より出で来る

風来れば芭蕉声すなり芭蕉林

芭蕉の葉一枚折つてかざさんか

美保神社請じ水口祭りけり

まつくらな橋をくゞりしかな

鮎篝吊しもちたる竹しなふ

網うちと篝もちとが顔を寄せ

夕顔も行燈も白き夕まぐれ

夕顔の花咲き女いそがしく

子規 漱石 龍之介 碧梧桐 虚子 鬼城 泊雲 亜浪 山頭火 普羅 放哉 風生 水巴 蛇笏 月二郎 みどり女 石鼎 喜舟 しづの女 かな女 万太郎 犀星 久女 淡路女 秋櫻子 素十 夜半 麦南 悌二郎 鷹女 多佳子 青畝 耕衣 茅舎 汀女 三鬼 草田男 不死男 誓子 草城 爽雨 不器男 立子 林火 楸邨 静塔 鳳作 たかし 波郷
俳句 春の季語 夏の季語 秋の季語 冬の季語 短歌 歌枕
おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
和歌と俳句