和歌と俳句

山吹

川波に山吹映り澄まんとす 虚子

やまぶきのまださかりなり又来たり 普羅

折りて持てる山吹風にしなひをり 虚子

山吹や根雪の上の飛騨の径 普羅

山吹や諏訪の工女の運動会 普羅

水上へうつす歩みや濃山吹 久女

越してきて掃除好きなり濃山吹 爽雨

遠くより山吹の雨よく見ゆる 立子

瀬を照れば日はしろかりし濃山吹 悌二郎

山吹のうてなばかりとなりにけり 立子

川舟に岸の山吹揺れなびき 虚子

風遊ぶ八重山吹のみづ枝かな 淡路女

我前にますぐに枝の濃山吹 立子

門内にかくれ坊やと濃山吹 立子

川上へ山吹靡きなびくなり たかし

濃山吹墨をすりつつ流し目に たかし

女人の山吹を挿す芭蕉像 青邨

空暗く水暗くして濃山吹 たかし

山吹流す岩門の彼方本流過ぐ 草田男

山吹にすこしの風もなく暮れぬ 青邨

山吹のつき出し枝へ花はしり 立子

山吹に友はやさしく涙ぐみ 汀女

山吹の花のこりたる山路かな 素十

山吹の咲くをまぶしとみたるのみ 万太郎

山吹の黄の鮮らしや一夜寝し 多佳子

山吹やひそかに咲ける花の濃く 万太郎

山吹の今さかりなる崖仰ぐ 万太郎