和歌と俳句

野菊

しがらみに少し浪たつ野菊かな 悌二郎

はなびらの缺けて久しき野菊かな 夜半

南海の藍うち晴れて野菊咲く 水巴

かがみ祈る野菊つゆけし都府楼址 久女

曇り来し昆布干場の野菊かな 多佳子

凡骨は野菊を踏んでゆきにけり 鷹女

其人を恋ひつつ行けば野菊濃し 虚子

我宿の内も外もなき野菊晴 たかし

蝶々のおどろき発つや野菊の香 普羅

雨粒のときどき太き野菊かな 汀女

百丈の断崖を見ず野菊見る 虚子

野菊叢東尋坊に咲きなだれ 虚子

形影もろし野菊うたかた流れゆく 草田男

旅に居て曇れる午前初野菊 草田男

初野菊仮想の女人みなあはれ 草田男

里近し野菊の下に土鼠の土 草田男

行人にかゝはり薄き野菊かな 立子

廃れし倉咲きそふ野菊雨くらし 秋櫻子

吹き降りの野菊に海が少し見ゆ 秋櫻子

松山は野菊多きや然よ今こそ 草田男

蹴り伏せて野菊水色なる故郷 耕衣

暮れ方を野菊みづから暮るるなり 耕衣

絵の如く那智人濯ぐ野菊かな 立子

野菊道数個の我の別れ行く 耕衣

箸墓の勝れたまひし野菊かな 青畝

野菊濃し旅の参陵参仏に 爽雨

野菊見るひとつびとつは弁を欠き 爽雨

帝陵をさがるに野菊ひしひしと 爽雨

これこそは新羅の遺塔野菊見る 青畝

対の花瓶一つ野菊を挿せるのみ 秋櫻子

余呉川の漣敷きし野菊かな 青畝

くねくねと山の野菊も添へ插され みどり女