和歌と俳句

平畑静塔

燈籠を手に岩間ゆく身を細め

遠岩の人燈籠をともすさま

爛れたる秋日を西に羊飼ひ

白きあふれて開く朝の門

やすらへる人に知られて烏瓜

七夕のほろびたる朝移民発つ

曼珠沙華俘虜の尿は日にむかふ

白檀花嗅げば仏を俘虜思ふ

俘虜貨車の馬月光の地に降りぬ

徐々に徐々に月下の俘虜として進む

秋蝶や敗流を実は嘆かざる

秋祭リボン古風に来たまへり

秋祭女房鳥声にわらふ

秋の夜の「どん底」汽車と思ふべし

銀河延々手に一片の学位あり

日々を愚に花火大輪身にかぶる

新聞紙踏むは良夜の男靴

訃を聞くや月の大樹を見すゑつつ

大学生わめき案山子に声を刺す

月光の指善悪をなせる指

蜜柑喰ふその深緑の葉を無視し