和歌と俳句

渡邊水巴

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

白うさいてきのふけふなきかな

北斗露の如し咲きすむ月見草

散る葉見つつものぬくみなし天の川

十六夜の寒さや雲もなつかしき

雲に明けて月夜あとなし秋の風

啼きやめばぱたぱた死ぬや秋の蝉

障子いれて日影落ちつきぬ雁来紅

きのふ古し遺筆に活けてこぼれ萩

雨ふくむ菊玲瓏とすがれけり

住みつきて芭蕉玉巻く小春かな

萩刈つてからりと冴えぬ夕明り

凍てし木々の響かんとして暮れにけり

除夜の畳拭くやいのちのしみばかり

大雪や風鈴鳴りつ暮れてゐし

竹払へば雪滝の如し門燈に

家毎に雪掻く灯影旅に似し

家々に灯るあはれや雪達磨

空澄みて拝むほかなき枯野かな

夕焼のうすれ山茶花も散りゆくか

山茶花のみだれやうすき天の川

雲しづかに枯萩の芽の尖りけり

何の木か梢そろへけり明の春

長閑さや暮れて枯草ふくらめる

桜餅人の寒さに匂ひいでし

夜を凍てて薄色褪せずさくら餅