和歌と俳句

桃の花

寺町や垣の隙より桃の花 漱石

桃の花隠れ家なるに吠ゆる犬 漱石

千樫
桃のはな遠に照る野に一人立ちいまは悲しも安く逢はなくに

千樫
との曇る春のくもりに桃のはな遠くれなゐの沈みたる見ゆ

白桃や青天へ皆のびし枝 喜舟

桃咲くやいまだに流行る漢方医 漱石

牧水
つばくらめちちと飛び交ひ阿武隈の岸の桃の花いま盛りなり

竹の穂の絡まりて高き緋桃哉 泊雲

烈風や月下にさはぐ緋桃あり 石鼎

つぎつぎと張板かへす桃日和 みどり女

川上や桃煙り居る草の村 龍之介

桃咲くや日影煙れる草の中 龍之介

桃咲くや泥亀今日も眠りけり 龍之介

白桃や莟うるめる枝の反り 龍之介

桃の虻皆光り飛び茶褐色 花蓑

雛過ぎし畑の桃となりにけり 風生

桃いつか葉勝ちとなりぬ梢より 風生

桃の花活くるうすべり敷きにけり 爽雨

挿しこみし中の青枝や桃の花 爽雨

瀬戸に咲く桃の明方の明日の船待つ 碧梧桐

源平桃咲きそめてはや咲き分れ 花蓑

野に出れば人みなやさし桃の花 素十

葛飾や桃の籬も水田べり 秋櫻子

桃の里家鴨に藍を流しけり 茅舎

白桃のたとへば花のやはらかに 石鼎

桃つぼむ幼稚園までつき添ひし 犀星

源平桃地にも紅白散りみだれ 花蓑

桃の花活けこぼしたる蕾かな 淡路女

桃咲くやあけぼのめきし夕映に 水巴

ここまでは道路が出来た桃の花 山頭火

卓上の桃あわて咲き葉を出しぬ 虚子

桃挿すやこぼるゝ蕾惜みなし 花蓑

桃の岡重なる里の見ゆるかな たかし

何処までも一本道や桃の中 たかし

風吹かず桃と蒸されて桃は八重 綾子

ふだん着でふだんの心桃の花 綾子

桃の花吾は黙つて日を愛す 綾子

里人は皆畑に居り桃の花 虚子

桃咲いて風の日輪たかかりき 蛇笏

髪焦げて教へ子は来ぬ緋桃抱き 楸邨