和歌と俳句

桃の花

桃咲くや足なげ出して針仕事 虚子

祠あり一木の桃の花盛り 虚子

地の靄に花は疎なりき枝垂れ桃 蛇笏

花桃の蕋をあらはに真昼時 蛇笏

柑園をかくゆきぬけ桃咲けり 蛇笏

桃が枝やひらき加はるけふの花 草城

川渉り来る人もある桃の宿 虚子

綿羊の子はおでこにて桃の花 虚子

海女とても陸こそよけれ桃の花 虚子

瀬戸を擁く陸と島との桃の花 虚子

部屋に沿ふて船浮めけり桃の花 虚子

富士かくる雨に桃さく田畔かな 蛇笏

桃咲けば女人あはれや桃に昏れ 鷹女

海ぬれて沙丘の風に桃咲けり 蛇笏

百姓に今夜も桃の花盛り 耕衣

花桃の前に貸したる夫の智慧 草田男

あめふれど霧消す丘べ桃の花 蛇笏

犂牛に畛桃さく富士おもて 蛇笏

蔵の香に狎れしなりはひ桃の花 蛇笏

四度瀑の天にすわる日桃の花 蛇笏

ゆるぎなく妻は肥りぬ桃の下 波郷

桃の花老の眼にこそ精しけれ 耕衣

桃の花窓から粉が飛ぶ製粉所 草田男

桃の春おもはぬ雪となりしかな 万太郎

土間の甕緋桃浸けあり遠砂丘 林火

勘九郎しらもも梅枝緋桃かな 万太郎

人仰ぎ犬駈け過ぐる桃の花 立子

生き身こそ蹤跡無かれ桃の花 耕衣

桃の花母よと思えば父現われ 耕衣

咲きそめし桃や枝折戸新しく 立子

温泉の里は桃咲く谷の川ほとり 立子

まうへかたまる盆地の星よ桃咲けり 林火

剪定の桃を夕焼の癒すなり 林火

中空に雪嶺つらね桃花村 悌二郎

老姉妹緋桃さかりの旅にあり 立子

金貸してすこし日の経つ桃の花 双魚

わが持たぬ曲線ばかり桃の花 楸邨

桃咲くや雪壁かすむ間の岳 秋櫻子

裏山の昏らさは桃の花ざかり 双魚

きのふけふ歩いて桃の花ざかり 双魚

桃の花若狭鰈の干されけり 青畝

暁闇も人類無かれ桃の花 耕衣