和歌と俳句

高浜虚子

前のページ< >次のページ

風多き小諸のは住み憂かり

鍬を借り畑作りや春来る

雪解の庭ここもとにたまり水

雪解や人たづね来る五六人

四方の戸のがたがた鳴りて雪解風

雪解水林へだてて二流れ

枝垂梅一枝を蔓のからみたる

目薄くなりて故郷のに住む

紅梅や旅人我になつかしく

春雷や傘を借りたる野路の家

音高き春の野水に歩をとどめ

耕牛の谷を隔てて高く居る

耕の鍬かたげつつ訪ひよりぬ

古城趾といふ石崖のさいたづま

蓼科春の雲動きをり

里人は皆畑に居り桃の花

木蓮を折りかつぎ来る山がへり

我が作る田はこれこれと春の風

城壁にもたれて花見疲れかな

山国のを荒しと思はずや

梭のごと蝶ぬけとべる瓜の垣

春潮にたとひ櫓櫂は重くとも