和歌と俳句

蔵王

茂吉
火の山を繞る秋雲の八百雲をゆらに吹きまく天つ風かも

茂吉
岩の秀に立てばひさかたの天の川南に垂れてかがやきにけり

茂吉
雲の中の蔵王の山は今もかもけだもの住まず石あかき山

茂吉
蔵王をのぼりてゆけばみんなみの吾妻のやまに雲のゐる見ゆ

茂吉
あまつ日に目蔭をすれば乳いろの湛へかなしきみづうみの見ゆ

茂吉
死にしづむ火山のうへにわが母の乳汁の色のみづ見ゆるかな

茂吉
赤蜻蛉むらがり飛べどこのみずに卵うまねばかなしかりけり

茂吉
蔵王山に雪かも降るといひしときはや斑なりといらへけらずや

茂吉
蔵王山に斑ら雪かもかがやくと夕さりくれば岨ゆきにけり

茂吉
しげやまのうへにまぢかく見えてをる蔵王の山は雷なりわたる

茂吉
消のこりし雪のはだれはみちのくの蔵王の山にけふも見るべし

茂吉
雪きゆる蔵王谿よりながれ来て川遠じろし見おろしにけり

茂吉
みちのくの 蔵王の山は けさのあさけ 雪ぐもりつつ ゐるぞかなしき

茂吉
いただきは 既に雪ふり しづまりて 蔵王の山は あまそそりける

茂吉
南には 蔵王の山は わたつみの 海より直に そびゆるごとし

茂吉
あさけより日の暮るるまで見つれども蔵王の山は雪にかくろふ

茂吉
ひさかたの雪はれしかば入日さし蔵王の山は赤々と見ゆ

茂吉
陸奥をふたわけざまに聳えたまふ蔵王の山の雲の中に立つ

茂吉
とほどほし南ひらけて冬山の蔵王につづく白き団塊

茂吉
かたむきし冬の光を受けむとす蔵王の山を離れたる雲

茂吉
萬國の 人来り見よ 雲はるる 蔵王の山の その全けきを

茂吉
とどろける 火はをさまりて みちのくの 蔵王の山は さやに聳ゆる

茂吉
みちのくの 蔵王の山に しろがねの 雪降りつみて ひびくそのおと

青畝
大蔵王時雨をとばし虹を張り

青畝
鷹わたる蔵王颪に家鳴りして

悌二郎
春嶺の遙かの奥に遠蔵王

爽雨
老鶯や蔵王越えいま雲に入る

爽雨
避暑行の蔵王の一の鳥居大