和歌と俳句

五月雨 さみだれ

五月雨や戸口までなる桑畠 喜舟

五月雨や鰌は畦へよぢのぼり 喜舟

憲吉
山かひの さみだれに濡れて 旅をする 市行牛は 蓑をつけたり

茂吉
さみだれは 寂しくもあるか いそがしく あり経し吾を 籠らしむなり

さみだれの荷の豌豆の眞青なる 草城

五月雨や蕗浸しある山の 水巴

社参せぬ身に降りまされ五月雨 水巴

五月雨のうたかたをみて遊びけり淡路女

五月雨にぬれ細りたる雀かな 石鼎

山池のそこひもわかず五月雨るる 蛇笏

さみだれて苔蒸すほどの樒かな 蛇笏

あひふれし五月雨傘の重かりし 汀女

さみだれや船がおくるる電話など 汀女

さみだるるや真赤な花の 山頭火

はたらく空腹へさみだれがそそぐ 山頭火

五月雨や窓に隣の煙出 汀女

さみだるる軒の重さよほどきもの 

さみだれや診察券を大切に 汀女

をなごらもどてら着ぶくれさみだるる 草城

さみだれの夜の閑散の湯の深さ 草城

さみだれや澄みわたりたる水の底 万太郎

鶯やさみだれ小止みながきとき 汀女

さみだるる夜の山手線森へひびき 林火

五月雨や少し抱かれて睡りし子 汀女

さみだるる心電車をやり過す 汀女

さみだれの一燈長き坂を守り 林火

子は危篤さみだれひびきふりにけり 蛇笏

洋傘の柄をつたふさみだれ腕をつたふ 林火

さみだれの虧けたる月を束の間に 林火

大いなる五月雨傘の故里に 汀女

五月雨のくだつばかりに降るに恋ふ 汀女

急ぎ来る五月雨傘の前かしぎ 虚子

さみだれに呼ばれて犬のかへりみる 汀女

溝川に何とる人や五月雨 虚子

さみだれや足場の中の浅草寺 万太郎

さみだれや門をかまへず直ぐ格子 万太郎

さみだれや平泉村真の闇 青邨

さみだれや手賀も印旛も見えぬ汽車 青畝

きりもなきさみだれ鳰の長潜り 林火