和歌と俳句

五月雨 さみだれ

五月雨や起き上りたる根無草 鬼城

五月雨のふり潰したる藁家かな 鬼城

五月雨や松笠燃して草の宿 鬼城

五月雨や浮き上りたる船住居 鬼城

茂吉
いそぎ来て 汗ふきにけり 監獄の あかき煉瓦に 降れるさみだれ

五月雨や筏つなぎし槻の幹 石鼎

五月雨のひびきばかりや古山家 石鼎

憲吉
さ庭べに最もおそく芽吹きたる合歓によろしき五月雨ふるも

寄せ藻二た山波ずり燕さみだるる 山頭火

梔子花ほのと暮残る庭樹さみだれて 山頭火

髪毛焼けしは何の兆ざしと五月雨に 山頭火

五月雨や水にうつれる草の裏 石鼎

五月雨や雨の中より海鼠壁 龍之介

五月雨や炭俵積む深廂 草城

濡れそぼつ松の幽さよ五月雨 草城

千樫
さみだれのあめふりけぶり朝あやし白き海鳥庭に来て居り

千樫
昼ふかみさみだれやまずひとり来ていで湯の湯槽汲みかへにけり

五月雨や玉菜買ひ去る人暗し 龍之介

五月雨や状受つけて板囲 爽雨

水中の青蘆ほのと五月雨 泊雲

千樫
さみだれの最上くだりけむ大き鯉海に喘ぐを手に捕へたり

灰汁桶の澄みて溢るゝ五月雨 泊雲

さみだれのあまだればかり浮御堂 青畝

五月雨の又降りかくす東山 播水

五月雨の再び昏し瀧の堂 播水