村上鬼城

くたくたと散つてしまひぬ薔薇の花

咲くや二三荷流す牛の糞

赤う咲いてそらぞらしさや毒うつぎ

炭竃の煙らで涼しうつぎ咲く

麦刈や娘二人の女わざ

麦刈の大きな笠に西日かな

麦刈れば水到り田となりぬ

麦飯に痩せもせぬらり古男

石に植えてさつきの花の咲きにけり

板橋や踏めば沈みてあやめ咲く

わら家根や一八咲いて橋の下

短夜や枕上なる小蝋燭

短夜や梁に落ちたる大鯰

短夜や舟してあぐる鰻縄

家鳩や二三羽降りて明易き

男子生れて青山青し夏の朝

渋柿の落花する井を汲みにけり

泥塗つて柘榴の花の取木かな

柘榴ちつて珊瑚瑪瑙をしく庭よ

蚕飼して夜明くる家や栗の花

ふきかへて栗の花散る藁家かな

十薬や石垣つづく寺二軒

鬼灯の垣根くぐりて咲きにけり

南瓜咲いて西日はげしき小家かな

五月雨や起き上りたる根無草

子規 漱石 龍之介 碧梧桐 虚子 泊雲 亜浪 山頭火 普羅 放哉 風生 水巴 蛇笏 月二郎 みどり女 石鼎 喜舟 しづの女 かな女 万太郎 犀星 久女 淡路女 青邨 秋櫻子 素十 夜半 麦南 悌二郎 鷹女 多佳子 青畝 耕衣 茅舎 汀女 三鬼 草田男 不死男 誓子 草城 爽雨 不器男 立子 林火 楸邨 静塔 鳳作 たかし 波郷
俳句 春の季語 夏の季語 秋の季語 冬の季語 短歌 歌枕
古事記の中の和歌 懐風藻 万葉集 土佐日記 伊勢物語 古今和歌集 後撰和歌集 源氏物語の中の短歌 千載和歌集 新古今和歌集 大鏡 方丈記 おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
お得区案内図 旅行案内