和歌と俳句

五月雨 さみだれ

子規
五月雨に 四方のながめも なかりけり 堤をゆする 隅田の川波

子規
さみだれに すだの川水 まさるらん 見なれぬきしに 舟つなぐなり

子規
なにしおふ すみ田の川の 川波の にごりて黒し さみだれの雨

子規
五月雨は いたくなふりそ 墨田川 水の濁らば いかがおよがん

漱石
さみだれに持ちあつかふや蛇目傘

子規
五月雨やけふも上野を見てくらす

子規
隣にも豆腐の煮ゆる音すなり根岸の里の五月雨の頃

五月雨の隅田見に出る戸口哉 子規

五月雨の雲許りなり箱根山 子規

五月雨の和田の古道馬もなし 虚子

五月雨の夕雲早し木曽の里 虚子

五月雨や檜の山の水の音 虚子

馬子歌や小夜の中山さみだるる 漱石

和田村で合羽買ひけり五月雨 虚子

五月雨や大木並ぶ窓の外 子規

雷の声五月雨これに力得て 子規

五月雨や鏡曇りて恨めしき 漱石

五月雨に学校やすむ小村かな 碧梧桐

寺による村の会議や五月雨 碧梧桐

五月雨や鴉草ふむ水の中 碧梧桐

五月雨の雲に灯うつる峯の寺 虚子

五月雨の壁落しけり枕元 漱石

へご鉢の水まさりけり五月雨 虚子

椎の舎の主病みたり五月雨 子規

五月雨に郵便遅し山の宿 虚子

五月雨や魚とる人の流るべう 虚子

五月雨や上野の山も見あきたり 子規

晶子
五月雨春が堕ちたる幽暗の世界のさまに降りつづきけり

碧梧桐<br温泉烟の田にも見ゆるや五月雨

晶子
五月雨に 帰りも行かず あなにくし 張文庫にも 隠してましを