正岡子規

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

山を出てはじめて高し雲の峰

雲の峰ならんで低し海のはて

汽車見る見る山を上るや青嵐

中をふむ人や青田の水車

其底に木葉年ふる清水

岩つかみ片手に結ぶ清水哉

青松葉見えつつ沈む

静かさは砂吹きあぐる泉哉

夏川や水の中なる立咄し

夏山をめぐりて遠し道普請

夏山を廊下づたひの温泉哉

杉檜朝日つめたき氷室山

蘆原の中に家あり行々子

川蝉や柳静かに池深し

の声にらんぷの暗き宿屋哉

蚊をたたくいそがはしさよ写し物

させば竿にもつるる柳哉

洗ふたる飯櫃にあはれなり

我書て紙魚くふ程に成にけり

水馬流れんとして飛び返る

城もなし寺もこぼちぬ夏木立

木下闇ところどころの地蔵かな

夜芝居の小屋をかけたる

よすがらや花栗匂ふ山の宿

梅の実の落て黄なるあり青きあり

漱石 龍之介 碧梧桐 虚子 鬼城 泊雲 亞浪 山頭火 普羅 放哉 風生 水巴 蛇笏 月二郎 みどり女 石鼎 喜舟 しづの女 かな女 万太郎 犀星 久女 淡路女 青邨 秋櫻子 素十 夜半 麦南 悌二郎 鷹女 多佳子 青畝 耕衣 茅舎 汀女 三鬼 草田男 不死男 誓子 草城 爽雨 不器男 立子 林火 楸邨 静塔 鳳作 たかし 波郷
俳句 春の季語 夏の季語 秋の季語 冬の季語 短歌 歌枕
万葉集 おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
和歌と俳句