和歌と俳句

正岡子規

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

蚊帳釣りて書読む人のともし哉

暁や白帆過ぎ行く蚊帳の外

火串消えて鹿の嗅ぎよるあした哉

贈るべき も持たずうき別れ

夏羽織われをはなれて飛ばんとす

ふるさとや親すこやかに の味

夏痩や枕にいたきものの本

板敷や昼寐をめぐる山の

世の中の重荷おろして昼寐

ことづてよ須磨の浦わに昼寐すと

雨乞やをさな心におそろしき

茶屋ありや山辺の水の心太

清水の阪のぼり行く日傘かな

古庭や水打つ夕苔くさき

水打て石燈籠の雫かな

湖に足ぶらさげる涼みかな

御仏も扉をあけて涼みかな

痩骨の風に吹かるる涼みかな

絶えずしも白雲おこる氷室哉

雨雲の烏帽子に動く御祓

甲板に寐る人多し夏の月

夏の月提灯多きちまた

ころしもやけふも病む身にさみだるる

夕立や砂に突き立つ青松葉

薫風や裸の上に松の影