和歌と俳句

早苗 さなえ

西か東か先早苗にも風の音 芭蕉

早苗とる手もとやむかししのぶ摺 芭蕉

雨折々思ふ事なき早苗哉 芭蕉

山颪早苗を撫て行衛かな 蕪村

山城へあふみの早苗移けり 召波

白雲や早苗とりさす水の面 召波

里の子が犬に付たるさ苗哉 一茶

朝富士の天窓へ投る早苗哉 一茶

良寛
この頃はさ苗とるらし我が庵は形を繪にかき手向けこそすれ

一葉
うゑはてし門田のさなへいとはやも秋のたのみのおもかげにたつ

小山田に早苗とるなり只一人 子規

深山田に雲なつかしや早苗時 石鼎

早苗取る手許の水の小揺かな 虚子

笠の端早苗すりすり取り束ね 虚子

早苗籠負うて走りぬ雨の中 虚子

早苗とる手元に落ちて笠雫 泊雲

ぬぎ合へる夕べの笠や早苗とり 禅寺洞

そよ風を受くる早苗のいとしさよ 草城

早苗舟朝凪ぐ水脈を右左 秋櫻子

二つづつ放り出しけり早苗束 たかし

早苗束放る響きの谷間かな たかし

早苗束膝に当ててはくくりけり たかし