和歌と俳句

夏目漱石

時鳥物其物には候はず

時鳥弓杖ついて源三位

罌粟の花左様に散るは慮外なり

願かけて観音様へ紅の花

塵埃り晏子の御者の

銀燭にから紅ひの牡丹

叩かれて昼の を吐く木魚哉

馬子歌や小夜の中山さみだるる

あら滝や満山の若葉皆震ふ

夕立や蟹はひ上る簀子椽

尼寺や芥子ほろほろと普門院

時鳥馬追ひ込むや梺川

夕立の野末にかかる入日かな

草山や南をけづり麦畑

駄馬つづく阿蘇街道の若葉かな

月斜め竹にならんとす

ぬいで丸めて捨てて行くなり更衣

衣更へて京より嫁を貰ひけり

かたまるや散るや の川の上

一つすうと座敷を抜るかな

うき世いかに坊主となりて昼寐する

禅定の僧を囲んで鳴くかな

うき人の顔そむけたる蚊遣かな

筋違に芭蕉渡るや蝸牛

そでに手を入て反りたるかな

短夜の芭蕉は伸びて仕まひけり