和歌と俳句

若葉

三井寺は三千坊の若葉かな 子規

天窓の若葉日のさすうがひ哉 子規

雨雲の谷にをさまる若葉かな 子規

あら滝や満山の若葉皆震ふ 漱石

駄馬つづく阿蘇街道の若葉かな 漱石

両岸の若葉せまりて船早し 虚子

埋もれて若葉の中や水の音 漱石

若葉して半簾の雨に臥したる 漱石

若葉して縁切榎切られたる 漱石

若葉して手のひらほどの山の寺 漱石

椅子を移す若葉の陰に空を見る 子規

若葉して籠り勝なる書斎かな 漱石

晶子
御相いとどしたしみやすきなつかしき若葉木立の中の蘆舍那仏

晶子
ほの見しは奈良のはづれの若葉宿うすまゆずみのなつかしかりし

晶子
すげ笠にあるべき歌と強ひゆきぬ若葉よ薫れ生駒葛城

見ゆるかぎり皆若葉なり国境 放哉

利玄
汽船に居て湊の町のわか葉見る陸にも海にも昼の日光る

千樫
山行くとくぬぎの若葉萩若葉扱きつつもとな人わすらえず

若葉して又新なる心かな 漱石

飛乗りの馳を打ち過ぐ若葉かな 碧梧桐

雨の若葉梁にや映る山家かな 碧梧桐

鶯に若葉嵐や井の頭 碧梧桐

赤彦
めざましき若葉の色の日のいろの揺れを静かにたのしみにけり

茂吉
雨にぬるる 廣葉細葉の 若葉森 あが言ふこゑの やさしくきこゆ

茂吉
天に戦ぐ ほそ葉わか葉に 群ぎもの 心寄りつつ なげかひにけり

塔のなかに秘密なかりし若葉かな 水巴

伽藍閉ぢて夜気になりゆく若葉かな 水巴