和歌と俳句

若葉

白秋
日々に騰る木々の若葉や室にゐて縁に出て庭に出て見は飽かずあはれ

白秋
日にましに木々の若葉は黝ずむを戒厳の令解くる際なし

宵浅き月かくれゐる若葉かな 花蓑

松島の若葉に没す夕鴉 みどり女

葉の上に降りやむ雨や枝わかば 石鼎

旅疲れ少しもあらず若葉風 立子

つくばひに杓横たふや若葉蔭 虚子

八窓に若葉の色を異にして かな女

女王守る武人群像照る若葉 青邨

若葉濃し静脈波をうつてゐる 鷹女

皿の墨すぐにかわくよ若葉風 立子

窓明けて見渡す山もむら若葉 久女

帰り来て天地明るし四方若葉 久女

若葉濃し雨後の散歩の快し 久女

病快し雨後の散歩の若葉かげ 久女

物言ふも逢ふもいやなり坂若葉 久女

歩みよる人にもの言はず若葉蔭 久女

部屋いまだ冬のままなる若葉かな 石鼎

暖炉しまふやTUBE真白に若葉窓 石鼎

日くもりす若葉の風もなつかしく 石鼎

よそほへる若葉にわかき都かな 石鼎

金色のあかき日の出の若葉ごし 石鼎

かやをつる吊手つくりぬ窓若葉 石鼎

青桐の幹あをみ来し若葉かな 石鼎

雀の瞳たしかに見えし若葉かな 石鼎

鴉一羽やすけく過ぎし若葉かな 石鼎

下り葉の青葉をつつみ庭若葉 石鼎

お茶の間に集りやすし庭若葉 立子

泥棒市のぼそぼそな木も若葉して 亞浪

夕若葉かんしやく玉に驚ける みどり女

生涯に尊き一と日嶽若葉 みどり女

胡桃若葉積木の家の並び建つ みどり女

遠方の若葉静かや磧行く みどり女