和歌と俳句

若葉

槐若葉

左千夫
朝戸出に幼きものを携て若葉槐の下きよめすも

左千夫
うらぐはし風の静けくゆるなべに槐の若葉眉動くなり

千樫
この庭の槐わか葉のにひみどりにほへる蔭にわれ立ちにけり

欅若葉

牧水
やはらけき 欅のわか葉 さざなみなし 流れて窓に そよぎたるかも

牧水
日ごと日ごと 黒みかたまる 窓の前の 欅のわか葉 見つつ惜めり

桐若葉

桐若葉出る葉出る葉の全けれ 石鼎

しづかなり暮天に桐の若葉揺れ 草城

楢若葉

利玄
楢の木の若葉柔かみ午すぎの日を透しつつしなえたるかも

赤彦
山の田に日かげをなせる楢の木の若葉は白く軟らかに見ゆ

赤彦
あかねさす昼のあひだの月うすし風吹きわたる楢若葉山

病弟子は師に訪はるゝよ楢若葉 波郷

櫟若葉

茂吉
一夜ふりし 雨はれにつつ 橡の樹の 若葉もろなびく 朝風ぞ吹く

赤彦
日のあたる埴山を見れば柔かくひろがりにけり檪の若葉