河東碧梧桐

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

桐の花さく山畑の朝の吹きおろしなる

蚊帳に来たの裾のべに一鳴きす

一笊の枇杷も盛る住み残る軒を並べ

河鹿石にゐる山おろしの風に腹白き見ゆ

杉の伸びのよき河鹿を遠音

岩魚活けてある頭の丸く押してならびて

河鹿足もとに鳴く庭石に団扇の飛んで

サビタの花その香にもあらずそよつく夕べは

門川に流れ藻絶えぬ五月かな

青物を買ふ女房のかな

温泉の屋根に菖蒲葺くなり有馬山

我高く立てんとすなるかな

師の古き都に住ひけり

薬草を摘み居れば園の孔雀鳴く

鶯に若葉嵐や井の頭

鉱烟もほの匂ふ山や蕗の雨

草茎をさしたる梢かな

垂れ首の芥子の高さになりにけり

香をさます夕風の野道かな

麦の秋匈奴逼ると聞えたり

里心麦にふかれて戻るなり

起臥の神鳴月や峰の坊

照り雨や茂りの中の栗の花

茨のちる水を覆うてかな

子規 漱石 龍之介 碧梧桐 虚子 鬼城 泊雲 山頭火 普羅 放哉 風生 水巴 蛇笏 月二郎 みどり女 石鼎 喜舟 しづの女 かな女 万太郎 犀星 久女 淡路女 青邨 秋櫻子 素十 夜半 麦南 悌二郎 鷹女 多佳子 青畝 耕衣 茅舎 汀女 三鬼 草田男 不死男 誓子 草城 爽雨 不器男 立子 林火 楸邨 静塔 鳳作 たかし 波郷
俳句 春の季語 夏の季語 秋の季語 冬の季語 短歌 歌枕
おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
和歌と俳句