和歌と俳句

芥子の花

道端に縄垣したり罌粟の花 鬼城

芥子咲いて其日の風に散りにけり 子規

罌粟の花さやうに散るは慮外なり 漱石

八重にして芥子の赤きぞ恨みなる 漱石

左千夫
くれなゐの唐くれなゐのけしの花夕日を受けて燃ゆるが如し

けしの花大きな蝶のとまりけり 子規

利玄
鳩起きて軒のとやより挨拶す花壇の芥子は朝風に揺る

罌粟さくや尋ねあてたる智月庵 子規

晶子
久方の天のいくさの火箭おちてにほひするなり罌粟の花原

白秋
恋すてふ浅き浮名もかにかくに立てばなつかし白芥子の花

晶子
罌粟咲きぬさびしき白と火の色とならべてわれを悲しくぞする

池の舟風に動くや芥子の花 喜舟

馬頭初めて見るや宍道の芥子の花 龍之介

雲遠し穂麦にまぢる芥子の花 龍之介

芥子あかしうつむきて食ふシウマイ 龍之介

晶子
風吹けば烈しくもゆる紅の罌粟身もだへなげく一重白げし

晶子
夕かげに銀の箔おくものと見し白罌粟の花くだけて散るを

晶子
浴みすとうすものを脱ぐ人のごと白罌粟見ゆれ落つる時にも

罌粟の色にうたれし四方のけしきかな 蛇笏

枕頭やアンナ・カレニナ芥子の花 龍之介

仏の花に折れば咲きつづくけしの花 放哉

白緑の茎さめざめと芥子もゆる 石鼎

晶子
夏雲の崩れておちし白の罌粟日のかたはしのくれなゐの罌粟

紅芥子に薄き光りや風の中 石鼎

晶子
侮りて皐月がすなる光明の病と呼びぬ罌粟咲くことを

晶子
黒めるは終りに近き罌粟なれど美くしきこと初めに倍す