和歌と俳句

夏痩せ 夏負け

夏を痩せ棚高き書に爪立つも 誓子

夏痩せてありや浴衣の脛を抱き 楸邨

掌に熱き粥の清しさ夏やせて 多佳子

夏痩せて腕は鉄棒より重し 茅舎

夏やせと申すべきかや頬あかり 犀星

夏痩やあをあをとして竹の肌 楸邨

還り来てちちははのへに夏痩せぬ 鷹女

夏痩や心の張りはありながら 虚子

夏痩のひとことごとに腹を立て 虚子

夏痩の言葉嶮しき内儀かな 虚子

夏痩やひくめにしめし帯のまた 万太郎

母と娘の似たりし顔の夏痩も 虚子

大仏を見し後夏痩刻々と 静塔

子にかまけ末女最も夏痩せぬ 虚子

夏痩をいたはり心帯締むる 立子

臥して見る足の遠しも夏を痩せ 爽雨

夏痩せて目玉の錆びる泥運河 不死男