和歌と俳句

虫干し 土用干し 曝書

曝書

曝書なほおのれに今日の忙事あり 蛇笏

曝書風強し赤本飛んで金平怒る 虚子

書函序あり天地玄黄と曝しけり 虚子

茂吉>
うすじめる書もちいだしさ庭べの隅のひかりに書なめて干す

曝書まぶし百日紅の花よりも 立子

わが俳句歌より来たる曝書かな 風生

雲通る百姓寺の曝書かな 蛇笏

そのころの解剖の画帳曝しあり 静塔

宰どる曝書といへどわれ孤り 誓子

金粉を指に曝書を宰どる 誓子

浩瀚の秋まで続く曝書かな 虚子

曝す書の仮の栞と思へども 汀女

書を曝す中に紅惨戦絵図 多佳子

曝書して心の飢ゑてきたりけり 不死男