和歌と俳句

藤原実方

金葉集・恋詞花集・恋
いかでかは思ひありともしらすべき室の八島のけぶりならでは

詞花集・恋千載集・恋
竹の葉に玉ぬく露にあらねどもまだ夜をこめて置きにけるかな

詞花集・雑
ちる花にまたもやあはむおぼつかなその春までと知らぬ身なれば

千載集・離別
むかし見し心ばかりをしるべにて思ひぞおくる生の松原

千載集・恋
契りこしことのたがふぞ頼もしきつらさもかくや変ると思へば

千載集・雑歌
ちはやぶるいつきの宮の旅寝にはあふひぞ草の枕なりける

新古今集・哀傷
墨染のころもうき世の花盛をり忘れても折りてけるかな

新古今集・離別
とどまらむ事は心にかなへどもいかにかせまし秋の誘ふを

新古今集・羇旅
船ながらこよひばからは旅寝せむ敷津の浪に夢はさむとも

新古今集・恋
いかにせむくめぢの橋の中空に渡しも果てぬ身とやなりなむ

新古今集・恋
たれぞこの三輪の檜原も知らなくに心の杉のわれを尋ぬる

新古今集・恋
中々に物思ひ初めてねぬる夜ははかなき夢もえやは見えける

新古今集・恋
あけがたきふた見の浦に寄る浪の袖のみ濡れておきつしま人

新古今集・恋
起きて見ば袖のみ濡れていとどしく草葉の玉の敷やまさらむ

新古今集・恋
いにしへのあふひと人は咎むともなほそのかみの今日ぞわすれぬ

新古今集・雑歌
八重ながら色もかはらぬ山吹のなど九重に咲かずなりにし

新古今集・雑歌
天の川通ふうき木にこと問はむ紅葉の橋は散るや散らずや

新古今集・雑歌
衣手のやまゐの水に影見えしなほそのかみの春ぞこひしき

新勅撰集・夏
はをしげみ とやまのかげや まがふらん あくるもしらぬ ひぐらしのこゑ

新勅撰集・賀
枝かはす かすがのはらの ひめこまつ いのるこころは 神ぞしるらん

新勅撰集・恋
大堰川 ゐぜきによどむ みづなれや けふくれがたき なげきをぞする

新勅撰集・雑歌
かぜのまに たれむすびけん はなすすき うはばのつゆも こころおくらし

続後撰集・夏
みやこには ききふりぬらむ ほととぎす 関のこなたの 身こそつらけれ