小林一茶

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

夏山や一人きげんの女郎花

巾着の殻が流るる夕凉み

凉しさや山から見える大座敷

如意輪も目覚し給へ時鳥

夕されば の花のかさい哉

みちのくや判官どのを田うへ哥

夕皃の花に冷つく枕かな

夕暮の腮につつ張る

江戸入の一ばん声やほととぎす

花げしのふはつくやうな前歯哉

白壁の里見くだしてかんこ鳥

短夜をあくせくけぶる浅間

しんとして青田も見ゆる簾哉

目覚しのぼたん芍薬でありしよな

夕立やけろりと立し女郎花

昼皃やざぶざぶ汐に馴てさく

夕立が始る海のはづれ哉

笹の葉に飴を並る茂り哉

山入の供仕れほととぎす

鹿の子の迹から奈良の烏哉

よしきりや空の小隅のつくば山

古郷や厠の尻もわく清水

水鶏なく拍子に雲が急ぐぞよ

木母寺の鉦の真似してなく水鶏

粽とく二階も見ゆる角田川

宗鑑 貞徳 季吟 宗因 来山 言水 才麿 鬼貫 芭蕉 素堂 其角 嵐雪 去来 丈草 凡兆 史邦 杉風 荷兮 曾良 路通 越人 土芳 野坡 支考 許六 浪化 惟然 北枝 涼菟 千代女 也有 太祇 蕪村 暁台 几董 召波 白雄 青蘿
俳句 春の季語 夏の季語 秋の季語 冬の季語 短歌 歌枕
おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
和歌と俳句