和歌と俳句

曽禰好忠

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14

来る雁の夜半の羽音におどろきて野べの白露をきてゐぬかな

蟲の音ぞ草むらごとにすだくなる我もこのよはなかぬばかりぞ

くつは蟲ゆらゆら思へ秋の野の藪のすみかは長き宿かは

寝たるまにやをきゐてしぼるらんひたうちはへて守る山田を

我せこがわれに離れにしゆふべより夜寒なる身の秋ぞ悲しき

見し人の頼めし事を頼みつゝあきをばよその物とこそ見れ

鳥部山ひこふる原の萩見ると秋はしがなきたはれをぞする

枝もたわ折れぬるかもと思ふまでいくそか置ける秋萩の

うち群れてとわたる雁の羽風には天の川波さはぐらんかも

拾遺集・秋
神南備の三室の山をけふ見れば下草かけて色づきにけり

やど見ればわが夏かひのかたがへり秋来にけりと尾羽ぞしなへる

寒さのみ夜ごとにまさるなよ竹の風にかた寄る声の悲しさ

塵積り夜どの山となりぬらし秋の夜をへて寝る人をなみ

隈ごとにここらさやけき秋の月小倉の山のかげはいかにぞ

望月の駒すら年に引かるゝを我過し来る秋ぞ悲しき

あらげなるおくての稲を守るまに萩の盛りは過ぎやしぬらむ

わが背子が来まさぬ宵の秋風は来ぬ人よりもうらめしきかな

肌寒く風は夜ごとになりまさる我見し人は訪れもせず

三歳生ひの駒をばつなぎなづけきて引き来る秋の関の下水

まぐさ葉の風だに寒く吹かざらば見え来ぬ人を恨みましやは

みちのくにあはだの山は秋霧のたち野の駒も近づきぬらし

衣うつ砧の音を聞くなべに霧立つ空にぞなくなる

秋風も吹きな破りそ我宿のあばらかくせるくもの巣がきを

風寒みしでうちの衣手もたゆく寒さにいそぐ秋の夜な夜な

いざ子ども小草もかきに露ぬるく風ものどけき秋の日和に

後拾遺集・秋
なけやなけ蓬が杣のきりぎりす過ぎゆく秋はげにぞ悲しき

身に寒く秋のさ夜風吹くなべにふり来し人の夢に見えつる

我身こそいつとも知らねなかなかに蟲は秋をぞ限るべらなる

いつとても秋は絶えせじさ牡鹿のをのが憂き身に秋しもはなく

わぎもこが板屋の鈴戸かけ避けて絶えぬと見るぞ秋はすべなき