和歌と俳句

河東碧梧桐

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14

櫨寺の墓にも参るゆかりかな

大文字や北山道の草の原

猿酒や炉灰に埋む壺の底

学問の稚子のすゝみや秋の風

幌武者の幌の浅黄や秋の空

山荘の眺望御記や秋の空

誰人か月下に鞠の遊びかな

荒削り羯摩が鬼の十三夜

川霧に竜の流るゝ筏かな

晴々と憐れむや天竜寺

誰が植ゑて雁来紅や籠り堂

掛稲のつぶれも見えて川原かな

青墓の野に庵室の芋畑

藁散てもみづる草の堤かな

牧人の日出る方や秋の峯

人岩の高きに見ゆる秋の山

吐せども酒まだ濁るかな

藁覆ふ藻塚匂ふや露の中

や浦人知らぬ崖崩れ

静かさや燈台の灯と天の川

七夕の旅に病むとぞ便りせる

石を積む風除に七夕竹見ゆる

虚空より戻りて黍の蜻蛉かな

雨に泊れば雨は晴れたる蜻蛉かな

七浦の祭の木槿咲きにけり