和歌と俳句

正岡子規

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

秋立つと知らずや人の水鏡

旅人や秋立つ船の最上川

旅の秋立つや最上の船の中

家の向き西日に残る暑さ

肌寒み寐ぬよすがらや温泉の匂ひ

俳諧の咄身にしむ二人哉

昼中の残暑にかはる夜寒

文机にもたれ心の夜寒哉

我背戸に二百十日の茄子哉

滝の音いろいろになる夜長

秋晴て故人の来る夕哉

命には何事もなし秋のくれ

宿とつて見れば淋しや秋のくれ

鳥海にかたまる雲や秋日和

行く秋の淋しく成し田面哉

みちのくを出てにぎはしや江戸の

暁のしづかに星の別れ

うれしさや七夕竹の中を行く

つらつらとならび給へり魂祭

草市にねぎる心のあはれなり

燈籠の火消えなんとす此夕

風吹て廻り燈籠の浮世かな

やせ村に老もこぞりしかな

木の末に遠くの花火開きけり

風吹てかたよる空の花火哉

星ちるや多摩の里人打つ

ふんどしになる白布を砧哉

山畑は笠に雲おく案山子

母親を負ふて出でけり御遷宮

山もとや鳩吹く声の消えて行

白河や二度こゆる時秋の風

秋風や妙義の山に雲はしる

秋風や人あらはなる山の宿

天の川高燈籠にかかりけり

宿もなき旅の夜更けぬ天の川

山の温泉や裸の上の天の川

稲妻をしきりにこぼす夕哉

白露に家四五軒の小村哉

暁のしづか也中禅寺

朝顔の花やぶれけり初嵐

恙なきや庵の蕣初嵐

ものうさは日の照りながら野分

しづしづと野分のあとの旭かな

名月やわれは根岸の四畳半

名月や上野は庵の帰り道

雪の富士花の芳野もけふの月

名月や大路小路の京の人

橋二つ三つ漕ぎ出でて月見

一寸の草に影ありけふの月

待宵や降ても晴ても面白き

山高く小にして人舟にあり

鯉はねて月のさざ波つくりけり

社を出れば十六宵の月上りけり

葉まばらに柚子あらはるる後の月

ながながと安房の岬や秋の海