和歌と俳句

西山泊雲

秋風や芙蓉喰ひ居る青き虫

や山の井汲みに杉の道

門内の空の深さや菊日和

小走の犢に暮るゝ野分かな

藪耐へて家現はるゝ野分かな

山のさすや閂せゝこまし

糊盥萩こぼれぬとかごとかな

門内の虚空を煽る芭蕉かな

椎伐つて碑の苔かれし残暑

芭蕉葉の縁が焦げたる残暑かな

藪開墾きし根で風呂焚くや秋の暮

千仭の岩に蔦なし秋の風

野分晴穂黍押しわけて水貰ひ

窓のに頤突き出して聖かな

暁の露山荘の障子かな

打揚し巨木に人や秋の海

大帆より小帆二つ生みぬ秋の海

かざりたてお地蔵見えずなりにけり

抱き来て如何に備へん案山子

草の花の畦を破るや落し水

落し水ひつさげ出づる鍬かろし

霊山へ木深く逃げしかな

秋燕に紛れてとべる蜻蛉かな

無花果の岸へ着きたる渡舟かな

白菊に汚れし妹が櫛笥かな