長塚 節

10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20

茅淳の海うかぶ百船八十船の明石の瀬戸に眞帆向ひ來も

かまつかもつくる垣内のそしろ田に引板の繩ひく其水車

おもしろの八瀬の竈風呂いま焚かば庭なる芋も堀らせてむもの

粽巻く笹のひろ葉を大原のふりにし郷は秋の日に干す

鴨跖草の花のみだれに押しつけてあまたも干せる山の眞柴か

あさあさの佛のために伐りにけむ柴苑は淋し花なしにして

小波のさやさや來よる葦村の花にもつかぬ夕蜻蛉かも

布雲に叢雲かゝる近江の湖あさ過ぎくればしき鳴くや

冷かに木犀かをる朝庭の木蔭は闇き椰の落葉や

さゝ彼の滋賀の縣の葱作り朶垣つくるあらき朶垣

澁柿の腐れて落つる青芝も畑も秋田もむかし志賀の宮

白妙のいさごもきよき山陵は花木犀のかをる瑞垣

冷かに竹藪めぐる樫の木の木の間に青き秋の空かも

繩吊りて茸山いまだはやければ烏のもてる栗もひりはず

小芒の淺山わたる秋風に梢吹きいたむ桐の木群か

栂尾の槭は青き秋風に清瀧川の瀬をさむみかも

鵯の晴を鳴く樹のさやさやに葛も薄も秋の風吹く

名を知らぬ末枯草の穗に茂き甍のうへに秋の虫鳴く

比良の山ながらふ雲に落つる日の夕かゞやきに葦の花白し

宮路ゆく伊勢の白子は竹簾古りにしやどの秋蕎麥の花

鵲豆を曳く人遠く村雀稻の穗ふみて芋の葉に飛ぶ

伊勢の野は秋蕎麥白き黄昏に雨を含める伊賀の山近し

淺茅生のもみづる草にふる雨の宮もわびしも伊勢の能褒野は

秋雨のしげき能褒野の宮守はさ筵掩ひ芋のから積む

額田王 鏡王女 志貴皇子 湯原王 弓削皇子 大伯皇女 大津皇子 人麻呂歌集 人麻呂 黒人 金村 旅人 大伴坂上郎女 憶良 赤人 高橋虫麻呂 笠郎女 家持 古歌集 古集 万葉集東歌 万葉集防人歌
子規 一葉 左千夫 鉄幹 晶子 龍之介 赤彦 八一 茂吉 白秋 牧水 啄木 利玄 千樫 憲吉 耕平 迢空
短歌 歌枕 俳句 春の季語 夏の季語 秋の季語 冬の季語
古事記の中の和歌 懐風藻 万葉集 伊勢物語 古今集 後撰集 拾遺集 源氏物語の中の短歌 後拾遺集 金葉集 詞花集 千載集 新古今集 新勅撰集
和歌と俳句