和歌と俳句

蜻蛉

水影と四つとびけり黒蜻蛉 草田男

蜻蛉行くうしろ姿の大きさよ 草田男

茂吉
秋のかぜ吹きしくなべに山のべに紅の小蜻蛉むらがり飛べり

蜻蛉には煙を濃くしたり 亞浪

髪結うてくれる吾が子に赤とんぼ 立子

静かなるわれにとんぼもとまり澄み 立子

我静なれば蜻蛉来てとまる 虚子

蜻蛉釣る子に洗ひ髪母通る 汀女

雲移りこずゑの蜻蛉とぶにたふ 蛇笏

熊笹の實にいちじるく赤とんぼ 蛇笏

あきつとぶ白樺たかき夕こずゑ 蛇笏

蜻蛉群れ朝の街路樹黄にさやぐ 鷹女

蜻蛉群れ鋪道出勤の刻となる 鷹女

蜻蛉のおのが影追ふ水鏡 立子

物の葉にいのちをはりし蜻蛉かな 楸邨

蜻蛉や勢田の合戦古に 尾崎迷堂

夕焼けて温泉空をわたる群蜻蛉 蛇笏

山川の瀬釣や笠に蜻蛉来る 秋櫻子

林道の尽きてはつゞくとんぼかな 万太郎

山霧のわきくるとんぼ群るゝかな 万太郎

蜻蛉の空を切つては子の鞭 誓子

ぬきんでてものの立てれば紅蜻蛉 誓子

海村の路といふ路蜻蛉群れ 誓子

蜻蛉の流され遡り繰返す 誓子

蜻蛉の集ふ朝日に起きて出づ 誓子

蜻蛉の高ゆくところ失はず 誓子