和歌と俳句

山口誓子

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

土の色土色ばつたとゐるときの

鳴いてシャベル火花を発しけり

樹を伐つて夜となる庭ちちろ虫

秋の蝉わが背後にて湧き立てり

乾草の中こほろぎのこゑ深く

野分浪吾家に乾く流しもと

鬼灯が朱く八月余日なし

秋の浪見つつ黙して人遊ぶ

きちきちの身近く下りて相親し

蜻蛉の空を切つては子の鞭

秋耕の具や土の上に忘れられ

ぬきんでてものの立てれば紅蜻蛉

海村の路といふ路蜻蛉群れ

法師せみ山影浜にかぶさりつ

なほさきの燈の浜いづこ秋の暮

暗き燈を残せばちろろ鳴きしきる

ものを見る明るき月に目蔭して

月入りて暗き夜となるちちろ虫

秋の蝉高木にこゑを仰がるる

子の頭秋の円光いただけり

蜻蛉の流され遡り繰返す

土堤かたくこほろぎ鳴き明すなり

のれつわが家をないて海に出づ

蜻蛉の集ふ朝日に起きて出づ

法師蝉あはせ鏡をする時に