和歌と俳句

葭雀 よしきり 行々子

牧水
明日漕ぐとたのしみて見る沼の面の闇の深きに行々子の啼く

千樫
沼の香のにほひしみらに照りそよぐこの蘆原のよしきりの声

牧水
葭の原ゆまひたちきたり落葉松のさみどりの枝に啼けるよしきり

千樫
蘆原のあしの葉ずゑの夕あかりよしきり飛びて光りつつ見ゆ

葭切や葭の中なる高蓮 青邨

夕潮のみちわたりけり葭雀 草城

葭切や葭にしづみて暮るる家 秋櫻子

葭切や揺れつつも鳴く葭のさき 秋櫻子

日さびし葭切鳴いて出水川 秋櫻子

葭切や麦刈時の印旛沼 喜舟

川船のギイとまがるやよし雀 虚子

大風の葭切鳴くや葭の中 悌二郎

造らるる船にとびけり葭雀 誓子

ゆるやかに遠のく舟や行々子 みどり女

人乗せて吹かるゝ舟や葭雀 かな女

よしきりに焼茄子を出す茶亭かな かな女

よしきり河越えぬ向ふ岸の葭 林火

葭切や艪臍に水を遣れ遣れと 喜舟

蒲焼は鰌なりけり行々子 喜舟

重荷おろすやよしきりのなく 山頭火

蘆つかんで夕日の中の行々子 石鼎

行々子桑の月夜の夢を啼く 石鼎

葭切や河童二人の盥舟 喜舟

よしきりや閘門舟をはきて閉づ 悌二郎

いかだの音ゆるく太しや行々子 虚子

よしきりの現れて啼く草嵐 亞浪

桑に蘆に人沈みゆく行々子 石鼎

牛に乗つて人蘆辺より行々子 石鼎

行々子青葭剣のごとくなり 楸邨

蛙鳴きまぎれてきこゆ小葭切 秋櫻子

葭切の葭の青さやお城下 たかし

葭切の寝につく葭のそよそよと たかし

月やさし葭切葭に寝しづまり たかし

日の匂水の匂や行々子 万太郎

麦の出来悪しと鳴くや行々子 虚子

道の上に跼む他なき行々子 波郷