和歌と俳句

山口誓子

涅槃図に継ぎ目涅槃を継ぎ合はす

海上に街道のあり烏賊火点け

雷ひびく底津岩根の底にまで

青藻にて青し造船所のレール

着陸す高稲架築地松の地に

天高く遠流の遠を飛びて来し

高稲架の壁に出入の潜り門

限度まで庇のの乗り出せり

初凪に岬燈台白一指

胴太の神馬を佳しと初詣

禅寺にあり柄の紅き雪ショベル

鴨帰る勿れ白山白きうち

さく前より紅気立ちこめて

真黒に土堤焼かれて水湛ふ

九頭龍の谷残雪も多頭龍

青牧の牛馬に「火山活動中」

あぢさゐの落花は陶の破片なり

龍宮の門南風を奉る

涼しくて寄る海廊の朱の柱

ひぐらしが下界に鳴けり皇子のため

透明の氷塊四つ部屋に伐る

富士山に生れて死ぬる黒ばつた

喧嘩祭土の桟敷に酒の壜

喧嘩神輿宝珠と宝珠ぶつけ合ふ

喧嘩していまは宝珠の無き神輿