和歌と俳句

山口誓子

秋祭鬼面をかぶり心も鬼

猪垣は石垣猪を洩らさざる

冬扇の国より帰り時雨忌

皇霊に仕へ明治の炭の暖

前硝子皇居の紅葉つけ帰る

雪境宝永山の窪通る

長袋先の反りたるスキー容れ

湯豆腐が煮ゆ角々が揺れ動き

忽ち白近江の雪の域に入る

地は厚くして大雪の富士を載す

吾も富士講早発ちの低日輪

草の絮優遊富士の大斜面

富士颪薊に絮を残さざる

誰が為に登山の女人梳る

高きより砂走りの道始まれり

馬方と強力ここを界とす

登り来て俯伏す熔岩に手をつきて

富士火口肉がめくれて八蓮華

富士の壺覗けば底に衝き当る

富士の壺開きて隠すものもなし

富士山頂蟻の門渡りより崩る

下界まで断崖富士の壁に立つ

山を閉ぢ社を閉ぢ神はましまさず

富士山頂千木高知りて神まさず