杉田久女

前のページ← →次のページ

草に落ちしに伏せし面輪かな

蛍籠広葉の風に明滅す

こがね虫葉かげを歩む風雨かな

燕に機窓明けて縫ひにけり

訪ふを待たでいつ巣立ちけむ燕の子

蝉時雨日斑あびて掃き移る

蝉涼しわがよる机大いなる

雨のごと降る病葉の館かな

夕顔に水仕もすみてたたずめる

夕顔やひらきかかりて襞深く

夕顔を蛾の飛びめぐる薄暮かな

逍遥や垣夕顔の咲く頃に

夕顔を見に来る客もなかりけり

仮名かきうみし子にそらまめをむかせけり

忍び来て摘むは誰が子ぞ紅苺

苺摘む盗癖の子らをあはれとも

睡蓮や鬢に手あてて水鏡

おのづから流るる水葱の月明り

笑みをふくんで牡丹によせし面輪かな

黄薔薇や異人の厨に料理会

貧しき家をめぐる野茨月貴と

夏草に愛慕濃く踏む道ありぬ

月光揺れて夏草の間を流れかな

貧しき群におちし心や百合に恥ず

むくやまた襲ひきし歯のいたみ

子規 漱石 龍之介 碧梧桐 虚子 鬼城 泊雲 亜浪 山頭火 普羅 放哉 風生 水巴 蛇笏 月二郎 みどり女 石鼎 喜舟 しづの女 かな女 万太郎 犀星 淡路女 青邨 秋櫻子 素十 夜半 麦南 悌二郎 鷹女 多佳子 青畝 耕衣 茅舎 汀女 三鬼 草田男 不死男 誓子 草城 爽雨 不器男 立子 林火 楸邨 静塔 鳳作 たかし 波郷
俳句 春の季語 夏の季語 秋の季語 冬の季語 短歌 歌枕
古事記の中の和歌 懐風藻 万葉集 伊勢物語 古今集 後撰集 拾遺集 源氏物語の中の短歌 後拾遺集 金葉集 詞花集 千載集 新古今集 新勅撰集 おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
和歌と俳句