和歌と俳句

杉田久女

前のページ← →次のページ

船長の案内くまなし大南風

翠巒を降り消す夕立襲ひ来し

旱魃の舗道はふやけ靴のあと

夜毎たく山火もむなしひでり星

汲み濁る家主の井底水飢饉

水飢饉わが井は清く湧き澄めど

夏の海島かと現れて艦遠く

煙あげて塩屋は低し鯉幟

大阪の甍の海や鯉幟

目の下の煙都は冥し鯉幟

男の子うまぬわれなり結ふ

櫛巻の歌麿顔や袷人

ミシン踏む足のかろさよ衣更

蒼朮の煙賑はし梅雨の宿

焚きやめて蒼朮薫る家の中

おくれゐし窓辺の田植今さかん

早苗水走り流るる籬に沿ひ

おくれゐし門辺の早苗植ゑすめり

踏みならす帰省の靴はハイヒイル

寮の娘や帰省近づくペン便り

帰省子の琴のしらべをきく夜かな

帰省子やわがぬぎ衣たたみ居る

いとし子や帰省の肩に絵具函

遊園の暗き灯かげに涼みけり

涼み舟門司の灯ゆるくあとしざり