和歌と俳句

如月 きさらぎ

茂吉
きさらぎの日いづるときに紅色の靄こそうごけ最上川より

茂吉
きさらぎのひるの光に照らされて雪の消えをる川原を歩む

茂吉
山の中ゆいで来し小雀飛ばしめて雪の上に降るきさらぎの雨

茂吉
きさらぎの空のはたては朝けよりおほに曇りぬその中の山

きさらぎやしかへてあをき垣の竹 万太郎

鶲来て逃げし庭なりきそさらぎ 石鼎

鵯は神なり仄と衣更着 石鼎

哀れなる妻と思ひぬ衣更着 石鼎

如月や値札ふかぶか豆の中 草田男

きさらぎや亀の子寺の畳替 万太郎

きさらぎや出土の壺のすわらざる 青畝