和歌と俳句

木の芽

水煙をふり放ちつつ木の芽渓 草田男

朴の芽の皓歯こぼれし余寒かな 茅舎

闇に湧き木の芽に終る怒濤光 楸邨

木木の芽のひかりは夜の怒濤かな 楸邨

濤響く遠島抄の木の芽かな 楸邨

隠岐やいま木の芽をかこむ怒濤かな 楸邨

船の火の赤灘わたる木の芽かな 楸邨

木々の芽の朝は白妙の富士も見ゆ 秋櫻子

子のよぶや俄かににほふ夜の木の芽 楸邨

青き青き木の芽の数や爆音下 楸邨

分け入りて木の芽の捕虜となるばかり 不死男

芽吹く木々おのおの韻を異にして 虚子

いつか手を芽ぶきたる木に掛けゐたり 誓子

火の色の風がうがうと木の芽だつ 楸邨

火いろさすときの木の芽に焦衣干す 楸邨

木の芽だつ生きて逢ふとも言寡な 楸邨

満天に星と敵機や木の芽萌ゆ 楸邨

木の芽中那須火山脈北走す たかし

交はれる二木の枝の木の芽かな 虚子

金堂の扉を叩く木の芽風 虚子

粥腹の木の芽に向くやまぶしけれ 楸邨

枯蔓をかぶりし儘に木の芽かな 虚子

青空を白雲走る木の芽かな 石鼎

夕陽ひそと木の芽を染めて居たりけり 石鼎

鵯の声移り鳴きする木の芽かな 石鼎

臼になる幹ばかりなる森樹の芽 石鼎

鉄格子つかむ両手や芽木ばかり 静塔

受洗未だ岩の裂け目に芽木繁る 静塔

芽木を透く谷川煽ち流れけり 蛇笏

木の芽伸ぶきのふ驚き今日驚き 虚子

金髪のごとく美し木の芽伸ぶ 青畝

木々の芽や復興の尼悲願 虚子

芽木林月の緑光ただよへり 蛇笏

屋に満ちておん母在す木の芽かな 波郷

故もなく寧からずして木の芽季 風生

木々芽吹き断橋渓に景を添ふ 悌二郎

馬がゐて木の芽の中の肋骨 楸邨

雨風に木の芽一刻も休まざる みどり女