和歌と俳句

躑躅 つつじ

紫の夕山つつじ家もなし 子規

裏山の紫つつじ色薄し 虚子

つつじ咲く岩めり込んで笑ひ声 漱石

名物の蒟蒻黒きつつじかな 子規

子規
旅人の 雉子追ひ行く 野は盡きて つつじ花咲く 岩の下道

子規
塀低き 庄屋のつつじ 咲きにけり 代官殿は いまだおはさず

躑躅白き小庭も見えて加茂の家 碧梧桐

晶子
金色の 翅あるわらは 躑躅くはへ 小舟こぎくる うつくしき川

晶子
躑躅あかき 春真言の 大寺や 山に浪きく 西の讃岐路

晶子
傘ふかう さして君ゆく をちかたは うすむらさきに つつじ花さく

山にある垢離場の水やむら躑躅 碧梧桐

関守の活けたる赤城つつじかな 碧梧桐

松伐りし山のひろさや躑躅咲く 蛇笏

岩を割く樹もある宮居躑躅かな 碧梧桐

黒谷の裏門はいるつつじかな 碧梧桐

茂吉
夕やみに風たちぬればほのぼのと躑躅の花は散りにけるかも

石橋をつゝみて燃ゆる躑躅かな 喜舟

晶子
火の端の見ゆと躑躅の花摘みぬ抑へんとする思ひある頃

つゝじの白ありたけの金をはらひぬ 碧梧桐

松影の這ひゐる月のつゝじかな 石鼎

塔見えて躑躅燃えたつ山路かな 青畝

憲吉
物がなしく病の床に活けてある山躑躅ばな照りあかりたり

利玄
汽車のろく裾山ぞひを行くなべに手のとどくところにも丹躑躅咲ける

青天に嶺を走らすつゝじかな 石鼎

曇れども紅おとろへず花つゝじ 石鼎

躑躅野や躑躅抜きたる穴一つ 喜舟

岩襞に咲いて水辺のつゝじかな 泊雲

岩つゝじ打折るひゞき掌にありぬ みどり女

牧水
さし出でて池の上に咲く躑躅の花水にうつりて深きくれなゐ

柱によれば匂ふつゝじうす紫の夜の花なる 碧梧桐

死ぬものは死にゆく躑躅燃えてをり 亞浪

ふりくらす雨ひえびえと躑躅かな 万太郎