長谷川かな女

行年や庭木に伽羅を植ゑ込みて

笹鳴の木の裏あたり母の咳

雀殖ゆる小春の庭をたのしみぬ

父と母の御墓一つ冬の日

沈む日に鳴き立つ冬の獣かな

母恋しければ落葉をかむり掃く

石蕗の花こゝ句をよみし庵なるに

冬ざれて焚く火に凹む大地かな

仲見世や櫛簪に春近し

ゆきし人は帰らず除夜の灯かな

円山の寒紅の猪口に降る

仮の宿火鉢に頼り坐りけり

埋火に来る鶯を見忘れず

榊葉の時雨るゝところ女住む

冬の鹿頸細々と木枝嗅ぐ

鮟鱇や鼠小僧を泊めし家

山茶花に心おぼえし西東

散紅葉子の輪に入りてふと淋し

沈む日を子に拝むませぬ冬紅葉

冬紅葉倒れんほどに凭りしかな

子規 漱石 龍之介 碧梧桐 虚子 鬼城 泊雲 亜浪 山頭火 普羅 放哉 風生 水巴 蛇笏 月二郎 みどり女 石鼎 喜舟 しづの女 万太郎 犀星 久女 淡路女 青邨 秋櫻子 素十 夜半 麦南 悌二郎 鷹女 多佳子 青畝 耕衣 茅舎 汀女 三鬼 草田男 不死男 誓子 草城 爽雨 不器男 立子 林火 楸邨 静塔 鳳作 たかし 波郷
俳句 春の季語 夏の季語 秋の季語 冬の季語 短歌 歌枕
古事記の中の和歌 懐風藻 万葉集 伊勢物語 古今集 後撰集 拾遺集 源氏物語の中の短歌 後拾遺集 金葉集 詞花集 千載集 新古今集 新勅撰集 おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
和歌と俳句